トップページ  >  子供の祝い事、ベビー・子供用品  >  商品詳細

【商品型番0504s】 命名用紙 (小)

セット内容
  • 命名用紙  1セット(3枚入り)
 
【寸法】:幅265×高さ385mm
【材質】:紙
【メーカー型番】:タカ印28-411


  • 子供の名前を書き、生後7日目「お七夜」に神棚・床の間などに貼ります。
  • 用紙の裏に書き方の例がついています。
  • この商品は着荷日・時間指定できません。
  • 当店の商品は全て 送料無料 です。
      【送料および手数料はこちらをご参照下さい】

【在庫】: 7
700   (税込)
セット
豆 ち し き

  子供の生後7日目に名前を付ける儀式を「お七夜」または「命名式」「お七夜の祝い」「名付け祝い」といいます。
  産まれた子供に名前を付けることで、社会の一員として仲間入りしたことを認めてもらう儀式です。
  昔は産後長く生きられない子供も多く、7日間育ったことでその成長を確かめる大切な折り目でもあります。

  子供の名前が決まったら、「命名用紙」に書き、生後7日目に、神棚・仏壇・床の間など「家の中心となるよく目立つ場所」に貼ります。

  法律上では、生後3日目〜14日目までに出生届を役所へ提出し、同時に子供の名前も届け出ることになっています。
  一般的には生後3日目〜10日目までに名前を付ける方が多く、中でも、「お七夜」の縁起をかついで、生後7日目に名前を付ける方が多いようです。

  命名は我が子の一生を決めるだいじな仕事です。
  ご両親で名前を考えたり、姓名判断に頼んだり、いろいろな方法がありますが、最終的に子供の名前を決めるのはご両親です。
  子供の親である責任として、命名用紙は、下手でもよいので、できるだけご両親がご自分でお書き下さい。

   商 品 の 説 明

裏側

 用紙の裏に、書き方の例がついています。
 我が子の名前ですので、下手でも気にせず、できるだけご両親がご自分で心を込めてお書き下さい。
エンボス模様入り

 エンボス加工で鶴亀松竹梅の縁起の良い図案が入っています。