その他:結納・結納返しの準備

  結納・結納返しの日取りを決める

  結納 の日取り

  結納を行なうことが決まったら、まず最初に、結納の日取り を決めます。
  結納の日取りは、男性側(養子の結納の場合は、女性側)がリードして決めます。
  結納を行なう時期は、結婚式の約半年前が一般的です。

  一般的な流れとしては、結婚が決まったら、
  1. まず、結婚式の挙式日を決め、
  2. 式場を予約し(コレがまず先決です!)、
  3. 挙式日から逆算して、約半年前 で 日柄の良い日 を選びます。

  具体的な日にちについては、男性側であらかじめ候補日を3つほど選んでおき、女性側の都合を確認して決定するのが良いでしょう。

  女性側へ都合を伺う際の注意事項として、女性側に対して「結納を欲しいですか」「どんな結納にしましょうか」などの質問は禁物です。
  女性側として「あいさつは丁寧にして欲しい」と思っていても、結納を頂く側から「丁寧にして下さい」とは言いにくく、「どちらでも結構です」「簡単なので良いです」という無難な返答しかできないからです。
  また、結納は本来、男性側の「婚約をお願いする気持ち」を形にしたものであり、女性側に希望を聞いて持って行くものではないからです(どういうあいさつをして欲しいか聞いてから、あいさつをする人はいません)。

  女性側に話を切り出すときは、「立派なものは用意できませんが、こちらの気持ちとして、婚約のあいさつをさせて頂きます。○月○日か○日か○日で持参したいと思いますが、ご都合はいかがでしょうか」というような聞き方が良いでしょう。
  なお、結納は地域ごとに特色があります。各地の風習など、具体的な結納の準備のし方については、できるだけ地元の結納店に相談することをおすすめします。


  結納の日取りを決めるポイントは次の2つです。
  •   両家の都合が良い日
  •   日柄(六曜)・・・「大安」、「友引」、または「先勝」の午前中が良い。
  日柄(六曜)は、もともとは中国の暦に吉凶判断の占いをあてはめたものですが、日本人の一般的な吉凶判断として定着してますので、できるだけ取り入れることをお勧めします。

  日柄(六曜)を考慮して日程を調整すれば、
  • 相手方も、「大安」や「友引」の予定で考えている場合が多いので、話がまとまりやすい。
  • お祝い事なので、昔から「縁起が良い」といわれる日に行ったほうが気分が良い。
という利点があります。

  なお、どうしても日柄の良い日に行なえない場合は、あまり難しく考えず、両家の都合のよい日が「良い日柄」と考えます。
  その場合は、下記のように日柄を”都合よく”解釈します。
日柄読み方意味こう解釈する
大安たいあん、
だいあん
万事良し結納に最適
友引ともびき慶事に良し結納に最適
先勝せんかち、
さきかち
午前が吉午前は大安と同じで”良日”。午後は”本来は悪日”だが、明日の日柄
(友引)と重なるので悪くはない。
先負せんまけ、
さきまけ
午後が吉午後は大安と同じで”良日”。午前は”本来は悪日”だが、前日の日柄
(友引)と重なるので悪くはない。
仏滅ぶつめつ悪日本来は”悪日”だが、午前は前日午後の日柄(先負=午後は大安と同じ)、
午後は明日の日柄(大安)と重なるので悪くはない。
赤口しゃっこう、
せきぐち
悪日本来は”悪日”だが、午前は前日の日柄(大安)、午後は明日午前の日柄
(先勝=大安と同じ。たまに先負となります)と重なるので悪くはない。
次の日が”先負”のときは、しょうがないので「両家の都合の良い日が
”良い日柄”」と思って気にせず行なって下さい。
  日柄の検索は、下記の「六曜カレンダー」を御参照下さい。

【参考】

  結納返し の日取り

  結納の日取りが決まったら、女性側では 結納を受ける準備 をします。
  そして、結納返しの日取り を考えます。

  結納返しをどうするかは、女性側の考え(養子の結納返しの場合は男性側)で決めます。
  男性側に対し、 「結納返しはどうしましょうか」「結納返しはほしいですか?」などと聞くことは禁物です。
  「婚約」 は、両家で 結納と結納返しを取り交わして はじめて成立するものであり、男性側に要る・要らないを聞いて持って行くものではない からです。

  結納返しの日取りについては、次の3つの選び方があります。
  女性側の考えで 「日を改めて行なうか、または、同時返しで行なうか」を決め、その上で、日を改めて行なう 場合は男性側と日程を調整し、頂いた結納に応じた結納返しを準備します。(同時返し の場合は、あらかじめ、やや小ぶりなものを用意します)
結納返しの日取りの選び方
結納返しの日取り特徴
@  同時返し
    (結納と同時)
◎ 1度で済むので日程調整や準備が楽。
△  まだ結納を頂いていないので、適切な結納返しの準備がしにくい。
A  結納後1〜2ヶ月以内 ◎ 頂いた結納に応じて最適な結納返しを準備できる。
◎ お互いに相手先へ出向くことで、それぞれの住まいや生活環境などを確認できる。
△ 日程調整と訪問が2回なので、両家が多忙または遠距離の場合には手間がかかる。
B  荷入れの日
    (挙式の約1週間前)
◎ 頂いた結納に応じて最適な結納返しを準備できる。
◎ お互いに相手先へ出向くことで、それぞれの住まいや生活環境などを確認できる。
△ 荷物の運搬と同日なので、当日慌しい。
△ 結婚式の1週間前なので婚約の儀式としては時期が遅い。
  昔は、「B  荷入れ」(婚礼荷物を新居に運ぶ日)に結納返しを持参するのが一般的でしたが、実際には、この日は荷物運びで忙しく、また、結納を頂いてから日にちが経ちすぎてしまいますので、あまりおすすめできません。

  「@  同時返し」または「A  結納を頂いてから1〜2ヶ月以内」が良いと思います。

  結納返しは、頂いた結納を見てから準備するのが一番間違いがありません。
  また、お互いに相手側(なるべく自宅)へ出向くことで、それぞれの家庭の様子や、生活環境を知ることができ、結婚後に戸惑うことが少なくなります。
  両家が遠方同士やスケジュール調整が難しい場合は 「@  同時返し」 を、そうでなければ、できるだけ 「A  結納後1〜2ヶ月以内」 をおすすめします。


  なお、男性側への伝え方は、次のようにすると良いでしょう。
「@ 同時返し」 の場合
結納を頂く前に、あらかじめ男性側に「結納返しは、同時返しで行ないます」と伝えておきます。
「AまたはB  同時返しでない」 場合
女性側であらかじめ候補日を3つほど考えておき、結納の食事の席で男性側の都合を聞いて決定するとスムーズにまとまります。