まめ知識 : 結婚

  荷入れのしかた


  新婦の荷物 を新居へ運び入れることを 「荷入れ」 といいます
  「荷入れ」 は、結婚式の 約1週間前 に行ないます。
  養子 のため 新郎側が荷入れを行なう場合 は、下記の 【新郎】【新婦】を逆にあてはめてください。


【 新婦側が行なうこと 】
  • 運送会社スタッフに「心づけ」を渡します。出発前に「今日はよろしくお願いします」と言って渡すと良いでしょう。
  • 運送会社による荷物の運び込み は、午前中 に完了 させます。
    大きな家具類 を 先に運び込み、自分達だけで運べるものは後にします。
  • 運送会社のスタッフを、できるだけ早めに帰してあげるよう気をつけます。
    帰す前に、運送会社スタッフに、休憩用の飲み物 や 昼食 を渡します。(新郎側で用意して頂きます)
  • 新郎側がお茶や食事の用意をしやすいよう、当日の 新婦側の人数 と 運送会社スタッフの人数 を新郎側に事前に連絡しておきます。
  • 「紅白幕をトラックにつける」等を行なう場合は事前に家具店と打ち合わせておきます。
  • 荷入れの日に 結納返し を行なう場合は、結納返しの品々も持参します。
    結納返しは、運送スタッフを先に帰したらすぐに行なうか、荷入れを全て完了してから行ないます。
    完了まで時間がかかりそうな場合は、運送スタッフを帰したらすぐ に 行なっておいたほうが安心です。



【 新郎側が行なうこと 】
  • 荷物の運び込みを手伝います。
  • 運送会社スタッフ への 休憩用の飲み物食事 を準備します。
    飲み物は お茶 や コーヒー、食事は持ち帰りできるように 仕出し弁当 にします。
  • 新婦側 への 休憩用の飲み物食事 を用意します。
    飲み物は 桜茶や昆布茶 でも良いし、夏場などは 冷たい飲み物 でも良いです。食事は 上等の仕出し などが良いでしょう。
  • 結納返し をする場合は、場所をあけておきます。
  • 結納返し をする場合は、結納引出物 を準備しておきます。
            ⇒ 【結納引出物 については、こちらを参照して下さい】



運送会社スタッフへの御祝儀
  • 千円〜3千円。
    荷物が多い場合や、特に大きいもの・重いもの・運びにくいものなどが含まれる場合は多めに包みます。
    「2千円」 は偶数ですが、「千円だと少ないが3千円では多い」と感じる場合は 2千円でも構いません。
  • 新札 を祝儀袋かポチ袋に入れ、新婦側(荷物の送り主側)が 出発前に渡します。
    祝儀袋の 表書き は 「寿」 または 「御祝儀」 です。